くっさんの切磋琢磨 ~高知競輪アナウンサーブログ~

2019年01月13日 (日)

三谷の年?

 2019年が始まって早くも半月余りが過ぎました。
 我が高知競輪場では、1月2日から4日までミッドナイトレース、続く1月7日から9日までナイターレースが開催されました。その後も1月15日から17日までFⅠ戦(ガールズ戦含む)が12レース制で実施されます。
 昨年暮れの総決算「グランプリシリーズ2018」を含めての予想は見事に外れてしまいこれで3年ぐらい的中無しの結果となってしまいました…。この場を借りてお詫び申し上げます。何を言っても言い訳になりますが、的中なしなのは自分でもガッカリです。しかし今年ミッドナイト・ナイター戦はCS中継で予想をさせて頂きましたが、まずまずの的中率となり、マイナスにならなかった思われましたのでまずは良かったです。今年も「ミッドナイトレース」などで実況放送、予想をする予定ですので今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。
 それにしても「KEIRINグランプリ」を観戦し、改めて競輪は番手が有利だと感じました。脇本雄太の主導権、両村上のガードが有った事も大きな材料だったとはいえ、番手の三谷にとっては盤石の位置で快勝でした。考えて見れば広島記念の果敢な戦法は、ここに備えての準備だったんですね。それと改めてS級上位選手は単騎の番組でもタテの脚を持つ選手は気軽に走れるのでしょうか?浅井康太、新田祐大を多分ボックスで車券を買ってた方は的中をしたと思います。3連単の2万円以上の配当は美味しかったハズ!。今年の三谷竜生は和歌山記念が走り初め初日、二日目を見る限りは王者にふさわしい動きで完全優勝を飾りそうな雰囲気です。今年は「三谷の年」かな?タイトルも昨年に続いて最低2本以上は奪取しそうな予感がします。まずはこの後の松阪記念そして2月のGⅠ別府全日本選抜に、地元奈良記念と活躍しそうです。多分全レース本命を背負う形となりそうですがしばらくは目が離せませんねー。
 最後に、遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。